リソース(ユーザデータベース)

 木材や石材などの建築資材から食物・衣服など生活雑貨まで、すべてリソースと呼ばれます。
 一部は税金として徴収されるという設定なので、その対象となるかならないかの情報も持っています。

ユニット・建築(ユーザデータベース)

 リソースを消費することで別のリソースを生み出す物はユニットと呼ばれます。
 ユニットはデータが多いので建築に関する項と仕事に関する項を分割します。
 まずは建築に関する項目です。
 コストは最大2種類のリソースを消費するようにしました。

 1種類の場合や使わない場合もあるので、-1に『なし』を用意しています。

ユニット・仕事(ユーザデータベース)

 今回は最大2つのリソースを消費して2つのリソースを生産できるような設計にしました。
 他に生産に必要な作業時間のデータも保持しています。

 こちらも『なし』を用意してあげました。

プレイヤー情報(可変データベース)

 リソースをいくつ所持しているか、それを格納するためのデータベースです。
 ゲームで WareHouse と呼ばれる存在に当たると思います。
 普通は上限が設けられていて、新規に建築したりレベルを上げて拡張することで上限が増えるようになっていると思います。
 今回は記事を充実させるという名目でゲームシステムは最小限に絞りたいと思います。
 デバッグ用に初期値10としておきました。

マップリスト(可変データベース)

 今回は1画面の内 20 * 12 マスを利用します。
 マップ上の各マスにどのユニットが存在するか、またその作業時間を格納するデータベースです。
 以上でデータベースの準備が出来ました。