ターン開始時の処理

ゲームの流れ

 ゲームはターン制で時間進行します。
 緊張感を出すために傭兵の割り当てに制限時間をもうけることにしました。

 ゲームの流れは上図のようにと考えています。
 今回は攻略地を割り当てる処理を作っていきます。

データ作成

 ユーザーデータベース2番の設定を元に可変データベース2番に攻略地のデータを作っていきます。

 データベースはこのようになっています。

 チップ番号はF:チップ処理で確認して入力しています。

 これでデータが作成されます。

 デバッグ結果を見て希望通りの出力であることを確認しておきましょう。

マップチップ配置

 レイヤー1に場所を特定するためのチップを配置したのでレイヤー2を利用します。

 少し狭いですが変数指定できますので変数欄で確認しながら指定してください。

 先ほどのデータも利用しつつイベントを作っていきます。

 テストプレイの結果、珍しくノーミスで完成しました。

 次項から傭兵の割り振りを作ることになりますが、長くなりそうなので数回に分けていきます。